「返信する」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「返信する」の敬語とは?ビジネス用語

「返信する」の敬語とは?

言葉の使い方や敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「返信する」の意味

「返信する」は、相手からもらったメールに返事する場合に使用できる言葉です。

「返信」は、「メールに返事する」「手紙に返事する」場合に使用されます。

ビジネスで使用する場合は、主にメールへの返事を示して「返信する」と表現する事が多いでしょう。

相手からもらったメールに、メールで答えを返すことを、「返信」という言葉で表現できるのです。

「返信」は名詞ですので、動詞の「する」を組み合わせる事ができます。

「返信する」とすれば動詞のように取り扱う事のできる言葉になるのです。


「返信する」の敬語での使い方や表現方法

「返信する」を敬語で使用する場合は、「返信します」とするとよいでしょう。

この場合は、丁寧語を使用した表現にできます。

また、「返信なさる」「返信される」とすれば、尊敬語になります。

他にも、「返信いたす」とすれば謙譲語にできるのです。

さらに、ここに丁寧語の「ます」を加える事も可能です。

その場合には、「返信なさいます」「返信いたします」と表現できるのです。

また、「返事する」「返答する」などの類似表現で置き換えてみるのもよいでしょう。

このように、様々な手段で「返信する」を表現できます。

使用する状況に合わせて、適切な表現を選択するとよいでしょう。


「返信する」の言い換えや使用例

・『本日中には、先方に返信するつもりです』
・『できるかぎり早めに、返信いたします』
・『なるべく早く、ご返答差し上げます』
ここでは、「返信する」を使った使用例を挙げています。

例文のように、敬語や言い換えを使う事で、自然で分かりやすい文章を作成できるのです。

まとめ

このように「返信する」は、相手からもらったメールに返事する場合に使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉なので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました