「返信して」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「返信して」の敬語とは?ビジネス用語

「返信して」の敬語とは?

言葉の使い方や敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「返信して」の意味

「返信して」は、「返信する」という言葉が連用形になったものです。

「返信」は、「返事の手紙やメールを送ること」を意味しています。

これに「する」を加えて「返信する」とすれば、動詞のように取り扱う事ができるのです。

また、ここでは語尾を「返信して」と変形しています。

このように語尾を変形させることによって、言葉を自然に組み合わせる事ができる形にできるのです。

つまり、「返信してください」「返信しています」のように、違う言葉を組み合わせる事により、さまざまな表現を作り出せるのです。


「返信して」の敬語での使い方や表現方法

「返信して」を敬語で使用する場合は、「返信しまして」とするとよいでしょう。

この場合は、丁寧語の表現になります。

また、「返信なさって」「返信いたして」と言い換える事も可能です。

この場合は、尊敬語や謙譲語の表現にできるのです。

さらに、「ご返信なさって」と、接頭語の「ご」を付け加えてもよいでしょう。

他にも、「返答して」「お答えして」のように、類似の言葉を使って言い表す手段もあるのです。

これらのことから、「返信して」をさまざまな形で表現できます。

使用する状況によって、上手に使い分けるとよいでしょう。


「返信して」の言い換えや使用例

・『できるだけ早めに返信してもらいたい』
・『毎日全てのメールに返信なさっているようです』
・『今はメールでお答えしているところです』
ここでは、「返信して」を使った使用例を挙げています。

例文からも分かる通り、敬語や言い換えを使用する事によって、さまざまな印象の表現を作り出す事ができるのです。

まとめ

このように「返信して」は、「返信する」という言葉が連用形になったものだと言えます。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました