「読んでおく」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「読んでおく」の敬語とは?ビジネス用語

「読んでおく 」の敬語とはどのように表現するか?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「読んでおく」の意味

「読んでおく」という言葉は、書類や資料、パンフレットなどに事前に目を通して内容を理解しておくことを意味しており、打ち合わせや会議などをスムーズに進行するために、「読んでおく」ということを自分がしたり、お願いしたりするときに使用します。

事前に資料等を渡して、確認しておいてほしいときなども「読んでおく」ことをお願いすることがあります。


「読んでおく」の敬語での使い方や表現方法

「読んでおく」を敬語表現する場合、「読んでおいてください」「読んでおきます」という言い方も使用しますが、丁寧な表現としては、「目を通しておいてください」「一読してください」などという言い方をします。

謙譲語としては、「目を通させていただきます」「一読させていただきます」という使い方をします。

「お読みください」という使い方も丁寧でよいです。

また、「お目通しいただけると幸いです」という表現も敬語表現としては丁寧です。


「読んでおく」の言い替えや使用例

・『事前にお渡しした資料に目を通していただけると助かります』
・『いただいたパンフレットに目を通させていただきます』
・『一度、資料にお目通しいただけると幸いです』
「読んでおく」をそのまま「読んでおいてください」という使い方をすると目上の人には少し失礼にあたる可能性があります。

敬意を表現するために、「お読みいただけるとありあがたいです」「お目通しいただけると幸いです」という使い方がよいでしょう。

まとめ

ビジネスの場面では、資料を事前に渡したり、自社パンフレットの内容を確認してもらいたいときなどに「読んでおく」ことを敬語でお願いすることが多いです。

適切な敬語表現を使うことが出来ないと、資料を事前にしっかりと確認してもらえない可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました