「欲しい」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「欲しい」の敬語とは?ビジネス用語

「欲しい」の敬語とは?

言葉の使い方や敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「欲しい」の意味

ここでは「欲しい」の意味を解説していきます。

「欲しい」は、「自分のものにしたい」「何かを手に入れたい」という意味を持つ形容詞です。

これは、事物を入手する事を表現できる言葉です。

これが転じて、何らかの行動を望むような場合にも「欲しい」という表現を使用できます。

たとえば、「新しい服が欲しい」とすれば「手に入れたい」との意味になります。

また、「この料理を食べてほしい」とすれば、「食べる」という行動を相手に望むような意味で使用できるのです。

「欲しい」の敬語での使い方や表現方法

それでは、「欲しい」の敬語での使い方や表現方法には、どんなものがあるのでしょう。

「欲しい」を敬語にすれば、「欲しいです」のようにできます。

この場合は、丁寧語の「です」を使用した表現になります。

また、「欲しいと思います」のように、「思う」と組み合わせて、丁寧語の「ます」を使用する表現も可能です。

この場合は、「欲しいと存じます」のように、謙譲語に言い換える事も可能です。

また、「入手したいです」「要望します」のように、「欲しい」に近い意味の言葉を使って言い換える事もできるのです。

このように、「欲しい」は様々な形で表現する事ができます。

使用する状況に合わせて、適切な表現方法を選択するとよいでしょう。

「欲しい」の言い換えや使用例

・『今月中には、新しい車が欲しいのです』
・『言い訳よりも、まず行動してほしいと思います』
・『新規事業のためにも、新しい情報を入手したいと思います』
ここでは、「欲しい」を使った例文を挙げています。

例文のように、そのまま使用してもよいですし、言いかえなどを使用してみるのもよいでしょう。

まとめ

このように「欲しい」は、「自分のものにしたい」「何かを手に入れたい」という意味を持つ形容詞です。

ビジネスでも使用できる言葉なので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました