「届く」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「届く」の敬語とは?ビジネス用語

「届く」の敬語とは?

言葉の使い方や敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「届く」の意味

ここでは、「届く」の意味を解説していきます。

「届く」は、「行き着く」「到達する」のような意味で使用される動詞です。

これは、荷物などが手元に着くとの意味で使用されます。

その場合、自分の手元に来る場合も、相手の手元に行く場合も、「届く」という言葉で表現できます。

また、目的の実現可能範囲などを示す意味で使用する事もあります。

その場合は、「その値段なら手が届く」のように使用します。

さらには、「願いが届く」「祈りが届く」のように、願望が相手に伝わる様子を言い表すような使い方もできるのです。

「届く」の敬語での使い方や表現方法

それでは、「届く」の敬語での使い方や表現方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

「届く」を敬語にする場合は、「届きます」のようになります。

これは、丁寧語の「ます」を使用した表現になります。

また、これを尊敬語や謙譲語にする場合は、「到着」「到達」などで置き換えるとよいでしょう。

たとえば、「到着なさる」「到着いたす」とすれば、尊敬語や謙譲語の形にできるのです。

なお、他にも「着く」などの類似表現で置き換えるような手段もあります。

これらのことから、「届く」という言葉を、さまざまな形で表現できると分かります。

使用する状況に合わせて、適切な表現を選択するとよいでしょう。

「届く」の言い換えや使用例

・『本日中に届くはずです』
・『三営業日以内に届きます』
・『明日にはお手元に到着いたします』
ここでは、「届く」の言い換えや使用例を挙げています。

例文のように「届く」をそのまま使用してもよいですし、敬語や言い換えでアレンジするのもよいでしょう。

まとめ

このように「届く」は、「行き着く」「到達する」のような意味で使用される動詞です。

ビジネスでも使用できる言葉なので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました