「伝える」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「伝える」の敬語とは?ビジネス用語

「伝える」の敬語とは?

言葉の使い方や敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「伝える」の意味

ここでは、「伝える」の意味を解説していきます。

「伝える」は、何かを相手に届け知らせることを意味します。

これは、情報などを「伝える」との使い方ができます。

この場合は、「言葉で伝える」「文書で伝える」のように表現できます。

このケースでは、自分の知っている情報を、相手に知らせる事を示して「伝える」という言葉を使用できるのです。

また、他にも「伝統を伝える」「今に伝える」などの表現もあります。

この場合は、「伝達する」よりも「受け継がれる」のような意味合いで「伝える」と使用しているのです。

「伝える」の敬語での使い方や表現方法

それでは、「伝える」の敬語での使い方や表現方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

「伝える」を敬語にする場合は、「伝えます」のように表現できます。

この場合は、丁寧語を使用した敬語表現にできるのです。

また、これを尊敬語にすれば「お伝えになる」「伝えられる」とできます。

さらに謙譲語にすれば「お伝えいたす」と言い換える事ができるのです。

また、謙譲語と丁寧語の両方を使用すれば「お伝えいたします」という表現も可能です。

さらに、「伝える」を名詞の「伝達」に言い換える表現方法もあります。

「伝達します」「伝達いたします」とすれば、「伝える」と同等の意味で使用できる言葉にできるのです。

使用する状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。

「伝える」の言い換えや使用例

・『早速上司に伝えるつもりです』
・『皆様にもお伝えいたします』
・『ここでは重要な点のみ伝達いたします』
ここでは、「伝える」の言い換えや使用例を挙げています。

例文のように、そのまま使用してもよいですし、敬語や言い換えを使ってアレンジする事もできるのです。

まとめ

このように「伝える」は、何かを相手に届け知らせることを意味します。

ビジネスでも使用できる言葉なので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました