「内訳」の読み方と意味とは?「うちわけ」と「ないわけ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「内訳」の読み方と意味とは?読み方

「内訳」の正しい読み方は「うちわけ」「ないわけ」か。

また、「内訳」の意味や正しい使い方は何か。

この記事では、「内訳」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「内訳」の正しい読み方は「うちわけ」と「ないわけ」どちら

「内訳」は、音読みで「ナイ・ダイ・ノウ・ドウ」、訓読みで「うち・いる」と読む「内」

音読みで「ヤク・エキ」、訓読みで「わけ・とく」と読む「訳」から成り立つ言葉です。

「内」は、「内容」「内助」のとうに「ナイ」と読む場合と「内海」「内側」のように「うち」と読む場合があります。

「訳」は、「翻訳」など「ヤク」と読む場合と理由などを意味する「訳」として、そのまま「わけ」と読む場合があります。


正しい読み方の結論

「内訳」の正しい読み方は「うちわけ」です。

訓読みの「うち」と訓読みの「わけ」「うちわけ」となります。

決して、「ないわけ」とは読みません。

「内」は、「ナイ」とは読まず「うち」と読みます。


「内訳」の意味

「内訳」は、金銭の総額や物品などの総量に対し、その内容を項目別にすることを意味します。

物品や金銭などにおいて、その内容を具体的に示すことが「内訳」です。

「在庫の内訳」「支出の内訳」などといった形で用いられます。

「内訳」の言葉の使い方や使われ方

・『今年度の研究費の内訳を示す』
・『私は、毎月クレジットカード決済の内訳を必ず確認しています』
・『より詳しい内訳を求められる』

まとめ

以上のように「内訳」の正しい読み方は「うちわけ」です。

意味は、金銭の総額や物品などの総量に対し、その内容を項目別にすること。

言い換えれば「分類」「種別」「区分け」「類別」などと同じです。

読み方
シェアする
新しい言葉
タイトルとURLをコピーしました