「干物」の読み方と意味とは?「ひもの」と「ひぶつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「干物」の読み方と意味とは?読み方

この記事では、「干物」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「干物」の正しい読み方は「ひもの」と「ひぶつ」どちら

「干」という漢字は訓読みでは「干(ほ)す」「干(ひ)る」「干(おか)す」「干(かか)わる」「干(もと)める」「たて」と読み、音読みでは「かん」と読みます。

そして、「物」という漢字は訓読みでは「もの」読み、音読みでは「ぶつ」「もつ」と読みます。

「干物」の場合、「干」「物」それぞれに訓読みを当て、「ひもの」と読むのが正解です。


正しい読み方の結論

「干物」の正しい読み方は「ひもの」になります。


「干物」の意味

「干物」とは、「魚をはじめ、魚介類の身を干した乾物」になります。

「干物」は身に含まれる水分を乾燥により減少させることで貯蔵ができるように加工した食品のことです。

水分を蒸発させることで、微生物が使える自由水の割合が減り、表面に膜を形成することで保存性が高まるとされています。

また、乾燥による影響でタンパク質が分解されることにより、旨味と独特の食感、食味が生まれます。

乾燥の方法は主に2つに大別され、日光を利用した「天日乾燥」と人口乾燥機を利用した「人工乾燥」です。

干物の例には「するめいか」「くさや」「からすみ」などがあります。

「干物」の言葉の使い方や使われ方

・『日本での干物の歴史は、約4千年前にまで遡る』
・『中世ヨーロッパでは、頭を落としたタラの干物が日常的に食べられていたという』
・『干物には素干しや煮干し、塩干し、燻乾物などに分類がされている』

まとめ

「干物」の正しい読み方は「ひもの」になります。

「干物」とは「魚をはじめ、魚介類の身を干した乾物」を意味する言葉です。

読み方
シェアする
新しい言葉
タイトルとURLをコピーしました