「儚い」の読み方と意味とは?「はかない」と「ひとゆめむ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「儚い」の読み方と意味とは?「読み方

この記事では、「儚い」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「儚い」の正しい読み方は「はかない」と「ひとゆめむ」どちら

「儚」という漢字は訓読みでは「儚(はかな)い」「儚(くら)い」と読み、音読みでは「ぼう」「もう」と読みます。

したがって、「儚い」「はかない」と読むのが正解です。


正しい読み方の結論

「儚い」の正しい読み方は「はかない」になります。


「儚い」の意味

「儚い」には以下の意味が含まれており、別の漢字を用いて「果敢(はか)ない」「果(はか)ない」とも表記されます。

「空しく消えていくさま」「束の間であっけないさま」
「不確実であったり、見込みがなかったりで頼りにならないさま」
「見通しがハッキリしない」「目途がつかない」
「無駄であること」「甲斐がないこと」
「取るに足らないこと」
「愚かであること」「未熟であること」「思慮分別に欠けること」
「粗末であること」「みすぼらしいこと」
「儚い」の類義語としては「空(むな)しい」などがあります。

「儚い」の言葉の使い方や使われ方

・(束の間であっけないさまという意味で)『咲いて散りゆく花の一生は儚く、美しいものとして捉えられる』
・(不確実で頼りにならないさまという意味で)『彼らはこの絶望的な状況の中、儚い望みに賭けるしかなかった』
・(見通しがハッキリしないという意味で)『財務状況に鑑みるに、この企業の将来は儚いと見える』

まとめ

「儚い」の正しい読み方は「はかない」になります。

「儚い」「空しく消えていくさま」「不確実であったり、見込みがなかったりで頼りにならないさま」など多くの意味が含まれており、別の漢字を用いて「果敢(はか)ない」「果(はか)ない」とも表記されます。

読み方
シェアする
新しい言葉
タイトルとURLをコピーしました