「視線」の読み方と意味とは?「しせん」と「しすじ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「視線」の読み方と意味とは?読み方

この記事では、「視線」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「視線」の正しい読み方は「しせん」と「しすじ」どちら

「視」という漢字は訓読みでは「視(み)る」と読み、音読みでは「し」と読みます。

そして、「線」という漢字は訓読みでは「いと」「すじ」と読み、音読みでは「せん」と読みます。

「視線」の場合、「視」「線」それぞれに音読みを当てるのですが、「線」「すじ」と読む用法はないので、「しせん」と読むのが正解です。


正しい読み方の結論

「視線」の正しい読み方は「しせん」になります。


「視線」の意味

「視線」には以下の意味が含まれています。

「目で見ている方向」「目の向き」
「目の中心と見ている対象を結ぶ線」
「他人を見る目つき」「他人が見る目つき」
「ある気持ちの表れた目つき」
「視線」の類義語には「目線」「視軸(しじく)」などがあります。

「視線」が含まれる慣用句の例には以下があります。

「視線を注(そそ)ぐ」・・・関心をもって見ることや注目すること。

「視線を浴(あ)びる」・・・多くの人たちから見つめられること。

「視」「見る」「思う」などの意味が含まれる漢字であり、「線」「糸」「筋」「経路」などの意味が含まれる漢字です。

「視線」の言葉の使い方や使われ方

・『彼の視線の先には妻と子供たちがいた』
・『視線と視線が合った瞬間、私たちはお互いに中学時代の同級生だったことを思い出した』
・『若くして事業を成功させた彼女に、周りから尊敬の視線が向けられていた』

まとめ

「視線」の正しい読み方は「しせん」になります。

「視線」「目で見ている方向」「目の中心と見ている対象を結ぶ線」「他人を見る目つき」「他人が見る目つき」などの意味が含まれる言葉です。

読み方
シェアする
新しい言葉
タイトルとURLをコピーしました