「申し訳ありません」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「申し訳ありません」とは?ビジネス用語

「申し訳ありません」とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解説していきます。

「申し訳ありません」とは?

仕事でミスをした時など、相手に対して謝罪の意を表すことがよくあります。

その時によく使うのが「申し訳ありません」です。

「申し訳ありません」は丁寧な謝罪の表現であるため、ビジネスシーンでよく使われます。

「申し訳ありません」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

ビジネスでは、ミスやトラブルについて謝罪しなければならないことが多くあります。

謝罪の言葉には「すみません」「ごめんなさい」がありますが、ビジネスでは軽い謝罪とみなされてしまうため注意が必要です。

こうした場合には「申し訳ございません」を使うようにします。

「申し訳ありません」は目上の立場である上司や取引先、顧客に対しても使える謝罪の表現です。

「申し訳ございません」も、「申し訳ありません」をより丁寧にした表現です。

意味に違いはありませんが、相手に与える印象が異なります。

「申し訳ございません」のほうが丁寧に聞こえるため、相手が上司や取引先のような目上の立場である場合は「申し訳ございません」を使うのが無難です。


「申し訳ありません」を使った例文

・『申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします』
・『申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いいたします』
・『申し訳ありませんが、お力添えいただけると幸いです』
・『申し訳ございませんが、ご対応お願いいたします』
・『配送にお時間をいただいており、申し訳ございません』
・『申し訳ございませんが、こちらの商品は現在入荷待ちとなっております』
・『担当者より返信いたします。申し訳ございませんがしばらくお待ちください』
・『申し訳ございませんが、リクエストを処理することができませんでした』


「申し訳ありません」の類語や言い替え

謝罪の気持ちをさらに丁寧に伝えるために、「申し訳ありません」の前に程度を表す副詞をつけて使うこともあります。

「大変」「誠に」をつけて、謝罪の意思を強く伝える表現です。

また、「申し訳ありません」の代わりに、「お詫び申し上げます」「お詫びの言葉もございません」「陳謝いたします」「失礼いたしました」「無礼いたしました」を使うこともできます。

まとめ

「申し訳ありません」という言葉は、日常会話だけでなく、ビジネス会話においてもよく出てきますが、間違って使いがちです。

しっかりと違いを勉強して、正しく使えるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました