「広く親しんでいただいております」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「広く親しんでいただいております」とは?ビジネス用語

「広く親しんでいただいております」とは?

ビジネスでの使い方、敬語での言い換えなど、分かりやすく解説していきます。

「広く親しんでいただいております」とは?

「広く親しんでいただいております」は、広い範囲で好んで使われている場合に使用できる言葉です。

「広く」とは、範囲を示す言葉です。

「広く親しむ」とした場合、「広く」が示すのは、年齢層や地域などの範囲を示す事が多いと言えます。

なお、「いただいております」は、「もらっている」と同じ意味で使用される言葉です。

「いただく」「もらう」の謙譲語であり、「おる」「いる」の謙譲語になっているのです。

なお、語尾には丁寧語の「ます」が付与されています。

これによって、丁寧な印象の言葉になるのです。


「広く親しんでいただいております」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「広く親しんでいただいております」を使う場合には、どのようなものがあるでしょうか。

たとえば、ロングセラー商品があったとします。

その商品は年齢層を問わず、広い世代から指示されていたのです。

このような場合には、「こちらの商品は、世代を超えて広く親しんでいただいております」と述べるとよいでしょう。

これにより、広い範囲で好んで使われている様子を、上手に言いかえて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「親しんでいただいております」の使い方に注意しましょう。

これは冗長な表現とも言えるフレーズです。

たとえば「親しまれております」のように言い換えれば、シンプルな形にできるのです。

使用する状況に合わせて、適切な表現を選択して使用するとよいでしょう。


「広く親しんでいただいております」を使った例文

「広く親しんでいただいております」を使った例文を挙げます。

例文のように、先に範囲などを示すようにすると、分かりやすい文章を作成できます。

・『日本中で、広く親しんでいただいております』
・『世代を超えて、広く親しんでいただいております』
・『幅広い年齢層に、広く親しんでいただいております』

「広く親しんでいただいております」の類語と敬語での言いかえ

それでは「広く親しんでいただいております」の類語と敬語での言いかえを説明します。

「広く親しんでいただいております」の類似表現

「広く親しんでいただいております」の類似表現には、「広く親しんでもらっております」があります。

「親しんでいただく」「親しんでもらう」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「広く親しんでいただいております」の敬語表現

「広く親しんでいただいております」を、別な敬語表現で言いかえるとどうでしょうか。

たとえば、「広く親しまれております」のように言いかえできます。

まとめ

このように「広く親しんでいただいております」は、広い範囲で好んで使われている場合に使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました