「学窓」の読み方と意味とは?「がくそう」と「がっそう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「学窓」の読み方と意味とは?読み方

この記事では、「学窓」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「学窓」の正しい読み方は「がくそう」と「がっそう」どちら

「学窓」の読み方として予測できるものに、「がくそう」「がっそう」があります。

「がくそう」「がっそう」の二つの読み方のうち、「学窓」の正しい読み方はどちらでしょうか。


正しい読み方の結論

「学窓」の正しい読み方の結論は、「がくそう」が正しい読み方になります。

「学窓」の名詞で使われている「学」という漢字の音読みは「ガク」、訓読みは「まなぶ・まなび」です。

「学」「学校・学級」などの言葉では「ガッ」と促音便で読むこともありますが、「学窓」では「ガク」の読み方が使われます。

そのため、「学窓」「がっそう」と読むのは明らかな誤読です。

「がっそう」と読める漢字表記は、「学窓」ではなく「合奏・合葬」になります。


「学窓」の意味

「学窓」の言葉は、「学問を学んで修める場所」を意味しています。

「学窓」というのは、「学校や大学の漢文的な異称・異名」を指している言葉なのです。

「学窓」の持つ意味合いとして、「勉強する場所・勉強部屋・学び舎(学校の校舎)」を挙げることもできます。

「学窓」の言葉の使い方や使われ方

「学窓」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『学窓から見えるこの美しい山の風景が高校時代はとても気に入っていて、毎日のように授業の合間に眺めていました』
・『生命科学の世界的な研究者になるために、私は学窓で10年以上も補助的な研究員の仕事をしていたのです』
・『学窓を巣立ってからも、私の内面には学問に対する熱意がくすぶり続けていました』

まとめ

この記事では、「学窓」の正しい読み方「がくそう」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「学窓」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

読み方
シェアする
新しい言葉
タイトルとURLをコピーしました