「何卒ご高承いただきたくお願い申し上げます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「何卒ご高承いただきたくお願い申し上げます」とは?ビジネス用語

「何卒ご高承いただきたくお願い申し上げます」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「何卒ご高承いただきたくお願い申し上げます」とは?

この言葉は、承認してもらいたいことを非常に丁寧に言い換えたものです。

「何卒」は、自分の要求を強調する目的で使用する言葉です。

これを付与する事で、相手に懇願するような印象を添える事ができるのです。

また、「ご高承」は、「承認」「承諾」を敬って表現したものです。

これは、「ご承認」よりも敬意の程度が強いと言えます。

さらに「いただきたく」「お願い申し上げます」は謙譲語です。

どちらも相手に敬意を示すために、自分の行為をへりくだって表現した言葉なのです。


「何卒ご高承いただきたくお願い申し上げます」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスでこの言葉を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、ある商談がまとまったとします。

しかし、その商談を契約まで持って行くためには、上司の承認が必要になるのでした。

このような場合には、「この件に関しましては、何卒ご高承いただきたくお願い申し上げます」と述べるとよいでしょう。

これにより、相手から承認をもらいたいことを、非常に丁寧な言葉で伝達できるのです。

この言葉を使用する際には、「ご高承いただきたくお願い申し上げます」の使い方を再考するとよいでしょう。

これは冗長な表現と言えます。

「ご高承願います」「ご高承ください」とすれば、シンプルな表現にできるのです。

短くすれば丁寧さは損なわれますが、このような使い方もできる事をおぼえておくとよいでしょう。


「何卒ご高承いただきたくお願い申し上げます」を使った例文

この言葉を使った例文を挙げます。

例文のように、「ご高承」の対象を先に述べるようにすると、自然な印象の表現を作り出せるのです。

・『この件について、何卒ご高承いただきたくお願い申し上げます』
・『こちらの計画について、何卒ご高承いただきたくお願い申し上げます』
・『来年度の予算案に関しまして、何卒ご高承いただきたくお願い申し上げます』

「何卒ご高承いただきたくお願い申し上げます」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「何卒ご高承いただきたくお願い申し上げます」の類似表現

この言葉の類似表現には、「是非ともご高承いただきたくお願い申し上げます」があります。

「何卒」「是非とも」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「何卒ご高承いただきたくお願い申し上げます」の敬語表現

この言葉を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「何卒ご高承くださいますようお願いいたします」に言いかえできます。

まとめ

このように「何卒ご高承いただきたくお願い申し上げます」は、承認してもらいたいことを非常に丁寧に言い換えたものです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました