「ご多忙中にも関わらず」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご多忙中にも関わらず」とは?ビジネス用語

ここでは「ご多忙中にも関わらず」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「ご多忙中にも関わらず」とは?

「ご多忙中にも関わらず」は、忙しい中にという意味になります。

ですが、自分がそうだと使うことはできず、使った相手がそんな状況なのにと気遣う使い方になります。

よって、「ご多忙中にも関わらず、お時間をいただきありがとうございます」などと用いることが多く、忙しい中、こちらのために何かをしてくれたことに対する感謝の意が含まれています。

ビジネスシーンではその相手が特に忙しいという訳では無かったり、そういった事情を知らない場合でも、何かをお願いしたり、何かしてくれた時などにこのように一言添えるのが礼儀というもので、主に文章で用いられます。

「ご多忙中にも関わらず」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「ご多忙中にも関わらず」は、何かのお礼になる表現の前につけて使うことが多いです。

例えば、「ご多忙中にも関わらず、弊社までご足労いただきありがとうございました」などという具合で、先のように使う相手への感謝の表現になります。

ですが、多くの場合で忙しい中だったと分かって使っている訳ではないため、ビジネスにおける定型表現の1つと言えるもので、あまり意味自体を気にする必要はありません。

相手からこのように使われた時も、テンプレート的に使っているのだと思って構わず、特に恐縮する必要はなく、そういった使い方をする言葉なのだと覚えておきましょう。

「ご多忙中にも関わらず」を使った例文

・『先日はご多忙中にも関わらず、ご連絡をいただきましてありがとうございました』
・『ご多忙中にも関わらず、ご参加くださいまして感謝いたします』

「ご多忙中にも関わらず」の類語や言い替え

「お忙しい中」
意味そのものの短くしたこちらでも意味自体は変わらず、言い替え表現になります。

これを丁寧にした表現が「ご多忙中にも関わらず」だと考えていいでしょう。

ビジネスシーンで使う場合、丁寧になる「ご多忙中~」の方が向いています。

「ご多用中にもかかわらず」
こちらも意味はほとんど一緒で、言い替えに使うことができます。

丁寧な表現になるので上の「お忙しい中」よりビジネス向けですが、「ご多忙中にも関わらず」の方がよく見聞きする一般的な表現になるため、あまり使われることはありません。

まとめ

「ご多忙中にも関わらず」は、忙しいのに何かをしてもらったという意味になる言葉です。

実際にはそうではない、そうと分からない場合でも使うことができる、ビジネスでよく用いられる定型表現の1つだと考えてください。

タイトルとURLをコピーしました