「大使館職員」と「外交官」の違いとは?分かりやすく解釈

「大使館職員」と「外交官」の違いとは?言葉の違い【2語】

この記事では、「大使館職員」「外交官」の違いを分かりやすく説明していきます。

「大使館職員」とは?

「大使館職員」は、「外交官」と呼ばれる人物たちをサポートする職員の方々です。

主な役割は、大使館内で働き、会計や庶務に広報を行うなどで日本人の海外での安全の確保業務を行うなどの役割があります。

「外交官」とは?

「外交官」は、大使館で働く職員で、他の国との条約を取り決めたり、相手の国家元首が来日したりする際におもてなしの準備を行うなどほかの国の重要人物とやり取りを行う人物です。

よって、条約なんかを他の国と締結するほか、国の重要人物をおもてなしする職業上様々な国の言語をしゃべることができる人物である必要性があるのが「外交官」になります。

「大使館職員」と「外交官」の違い

両者の違いは、事務員という立場に当たる人たちであるか、その国を代表する外交を行う人物であるかです。

「大使館職員」はあくまで「外交官」をサポートする事務員であり、「外交官」は、他の国との外交をつかさどります。

よって両者の違いは、権限にも違いがあり、「外交官」は、国家に対して外交によって得た情報を報告する義務がありますが、「大使館職員」は国民の保護が可能という権限を持ちますが、外交を行うという権限はありません。

「大使館職員」の例文

・『大使館職員となり外交官をサポートする』

「外交官」の例文

・『外交官となり、他国と条約を締結する』

まとめ

「大使館職員」については、外交をつかさどるのではなく、外交官をサポートするという形で事務作業を担います。

しかしながら、「大使館職員」は、自国の人民が外国にいる場合、働きかけ保護することを権限として持っていて、大使館自体が保護権限を持ちます。

「外交官」は、外交によって他国と条約を決めたり他の国の国家元首が来日したりした際におもてなしをする準備をするなどの役割があり、他の国と直接やり取りする権限が与えられ、外交によって得た情報を国に提出する義務もあります。

タイトルとURLをコピーしました