「蔵書」と「所蔵」の違いとは?分かりやすく解釈

「蔵書」と「所蔵」の違いとは?言葉の違い【2語】

この記事では、「蔵書」「所蔵」の違いを分かりやすく説明していきます。

「蔵書」とは?

「蔵書」「ぞうしょ」と読みます。

意味は、「著作物や書物を保管していること」です。

図書館や資料室などで、きちんとした状態で保存されている、必要とされる出版物のことです。

「蔵書」の言葉の使い方

「蔵書」は名詞として「蔵書が多い・少ない」「蔵書件数」「蔵書検索」などと使われます。

「蔵」「くら」とも読み「物をしまっておく建物」から転じて「中にしまっておく」「隠して表に現さない」という意味、「書」「か(く)」とも読み「文字をかきしるす」から転じて「事柄を書き付けた文書や手紙」「本・書物」という意味、「蔵書」「建物の中に大切にしまってある本や書物のこと」になります。

「所蔵」とは?

「所蔵」「しょぞう」と読みます。

意味は「自分のものとしてしまってあるもの」です。

個人や団体の所有として、大切にしまってあるものことで、美術品や骨とう品、家具や雑貨などあらゆるものに使えます。

「所蔵」の言葉の使い方

「所蔵」は名詞として「所蔵する・した」「所蔵される・された」「所蔵物」などと使われます。

「所」「ところ」とも読み、「何かが行われるところ」「何かがあるところ」、動作・行為を表す語に付き「~するところ」「~するもの」という意味、「蔵」「中にしまっておく」「隠して表に現さない」という意味、「所蔵」で、「建物の大切に中にしまっておくもの」になります。

「蔵書」と「所蔵」の違い

「蔵書」「建物の中に大切にしまってある本や書物のこと」です。

「所蔵」「建物の大切に中にしまっておくもの」です。

「蔵書」の例文

「蔵書」の例文は以下の通りです。

・『図書館の蔵書を検索する』
・『国会図書館は蔵書数が多い』
・『彼は蔵書家で書庫を持っている』

「所蔵」の例文

「所蔵」の例文は以下の通りです。

・『家宝の鎧兜を美術館に所蔵している』
・『地下室に有名画家の作品を所蔵する』
・『彼は貴重な昭和家電を所蔵している』

まとめ

今回は「蔵書」「所蔵」について紹介しました。

それぞれの違いを理解して、正しく使える様にしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました