「メールにて恐縮ですが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「メールにて恐縮ですが」とは?ビジネス用語

「メールにて恐縮ですが」とは、どのような意味で使われるのでしょうか?

今回は「メールにて恐縮ですが」について詳しく見てみましょう。

「メールにて恐縮ですが」とは?

メールでの返事について恐れ多いことですがという意味です。

文章などの前置きに使われます。

相手にメールで返事を送ることについて、お詫びをする表現です。

この言葉は、相手に対して丁寧な対応でメールでの返事についてお詫びをしたことになります。

本題で失礼な表現があると、お詫びにならない表現になるので気を付けましょう。

「メールにて恐縮ですが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

ビジネスでは、相手に対して返事する場合、メールという方法で返事する場合がよくあります。

そのような時にお詫びをするための前置きの言葉として使われます。

本題が重要になり、しっかりと失礼があったことに対してお詫びをします。

自らの行動を誤ることや、今後お互いがどうしていきたいかなどの抱負を記載するようにします。

このあとに続く言葉は「何卒お願いします」などになります。

「メールにて恐縮ではございますが」の方が、より丁寧な表現になります。

相手にお礼を伝える場合にもメールで送ることがあります。

相手に何かをしてもらった時には、この言葉を添えてお礼を述べます。

文章の結びには「今後ともどうぞよろしくお願い致します」というメールの締めくくりを使うと良いでしょう。

「メールにて恐縮ですが」を使った例文

・『メールにて恐縮ですが、何卒御無礼をお許しください』
・『メールにて恐縮ですが、今後もよろしくお願いします』
・『メールにて恐縮ですが、お礼申し上げます』

「メールにて恐縮ですが」の類語や言い替え

・『メールにて恐縮ではございますが』
・『略儀ながらメールにて』
・『メールにて失礼いたします』

まとめ

「メールにて恐縮ですが」は、メールでの返事の謝罪と、メールで頼みごとをする時に使用する前置きの言葉です。

丁寧な印象の表現です。

この言葉のあとに続く言葉は「何卒お願いします」などが良いでしょう。

「メールにて恐縮ではございますが」の方が、より丁寧な表現になります。

本来、対面で謝罪やお礼を言うべきところ、メールで伝えることになるので恐縮しますという気持ちを表した言葉です。

メールで伝える場合でも、気持ちを込めて丁寧な言葉遣いを心掛けましょう。

お互いの会う都合がつかない場合や忙しくて会えない場合など、メールで失礼しますという表現になります。

メールでも、謝罪やお礼の気持ちが伝わるように、本文も誠意を込めて書くと良いでしょう。

文章の結びには「今後ともどうぞよろしくお願い致します」などと締めくくりましょう。

タイトルとURLをコピーしました