「話を湾曲させる」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「話を湾曲させる」とは?言葉の意味

「話を湾曲させる」とはどんな意味を持つ言葉なのでしょうか。

今回は、「話を湾曲させる」の意味について解説します。

「話を湾曲させる」とは?意味

「話を湾曲させる」とは、「話を歪曲させる」の誤用から生まれた言葉で「話の内容捻じ曲げる」という意味で使われています。

「話を湾曲させる」の概要

正しい内容から誤った内容へと話を捻じ曲げることを「歪曲させる」といいます。

「話を湾曲させる」という言葉は「歪曲」「湾曲」取り違えた誤用です。

「湾曲」は物理に力を加えて曲げるような物理的な変形を意味する言葉で話の内容のような抽象的なものに対しては本来用いません。

わと湾曲と音が似ていてどちらも「無理やり曲げる」という意味であったことから混同されてしまい「話を湾曲させる」という言い方が生まれました。

本来は誤った表現ですがこのような誤用が広まったことにより「話を捻じ曲げる」という意味の慣用表現として受け入れられつつあります。

現在でははっきりとした間違いではなく新しい表現として認める人が増えています。

「話を湾曲させる」の言葉の使い方や使われ方

『話を湾曲させるという言い方は正しくない』

まとめ

「話を湾曲させる」は本来正しくない表現です。

なんとなく意味が通じるので認める人も増えていますが、正確を期すためにも出来るだけ正しい表現を使うようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました