「立場上付き合えない」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「立場上付き合えない」とは?言葉の意味

この記事では、「立場上付き合えない」の意味を分かりやすく説明していきます。

「立場上付き合えない」とは?意味

「立場上付き合えない」とは、「自分の立場からすると付き合えない」との意味で使用される言葉です。

「立場上」は、「自分の立場を考えた場合に」のような使い方がされます。

そのため、立場を理由に付き合えない場合に、「立場上付き合えない」と表現できるのです。

「立場上付き合えない」の言葉の使い方や使われ方

たとえば、公務員だったとします。

公的な職業であるため、疑われるような事は避けなければいけません。

しかし、接待と思えるような会食に誘われたのです。

このような場合に、「それは立場上付き合えないと思います」と述べるとよいでしょう。

これにより、公正な立場として付き合えないことを、上手に言い換えて表現できるのです。

「立場上付き合えない」の例文

「立場上付き合えない」を使った例文を挙げます。

・『立場上付き合えないと思います』
・『立場上付き合えないことになりそうです』
・『立場上付き合えないはずです』

まとめ

このように「立場上付き合えない」は、「自分の立場からすると付き合えない」ことを意味する言葉です。

様々な場面で使用できる言葉なので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました