「湾曲表現」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「湾曲表現」とは?言葉の意味

この記事では、「湾曲表現」の意味を分かりやすく説明していきます。

「湾曲表現」とは?意味

「湾曲表現(わんきょくひょうげん)」は、ほとんど使われない語ですが、「婉曲表現(えんきょくひょうげん)」と混同して用いられている場合があります。

「湾曲」「婉曲」は漢字の見た目が似ていますが、「湾曲」「わんきょく」「婉曲」「えんきょく」と読み、意味も異なります。

「湾曲表現」の概要

「湾曲表現」「湾曲」とは、曲がって弓形になること、弓なりに曲がることを意味しています。

一方、「婉曲」は、はっきりした表現を避け、遠回しに言うことを表しています。

そのため、「婉曲表現」は、ネガティブな意味の言葉ではなく、あえて他の言い方で伝えることを言います。

「湾曲」は物理的なことを表しているので、「湾曲表現」だと、「婉曲表現」とは違う意味合いになってしまいます。

「湾曲表現」の言葉の使い方や使われ方

・『「湾曲表現」では、ほとんど用いられないが、「湾曲した道」などと使うことができる』
・『「婉曲表現」「湾曲表現」と間違って使わないように気を付けたい』

まとめ

「湾曲」「湾」には、「入り江」「弓なりに曲がる」などの意味があります。

また、「婉曲」「婉」は、「うつくしい」「したがう」「遠回し」などの意味を持っています。

「湾曲」の弓なりに曲がったイメージを、遠回しとして捉えるならば、「湾曲表現」も、解釈できないでもないですが、やはり「婉曲表現」の方が適切な使い方だと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました