「湾曲した考え」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「湾曲した考え」とは?言葉の意味

この記事では、「湾曲した考え」の意味を分かりやすく説明していきます。

「湾曲した考え」とは?意味

「湾曲した考え」「わんきょくしたかんがえ」と読みます。

意味は、「本来の意味より遠回しにものごとを理解すること」です。

あるものごとをそのまま捉えるのではなく、当たらずと言えでも遠からずの考え方をすることです。

ものごとを説明する時に、間違ってはいないけれども普通はその様に表現しない様に言い回す時などに使われます。

「湾曲した考え」の概要

「湾曲した考え」「湾」「海が陸地に入り込んでいる所」から転じて「弓なりになっている形状」という意味、「曲」「まがる」とも読み「ゆるやかに変化する」という意味、「考え」「心に浮かぶこと」という意味です。

「心に浮かぶことが弓なりに変化する」という意味で、「遠回しに解釈すること」として使われます。

似た様な言葉に「歪曲(わいきょく)」がありますが、こちらは「事実をわざとゆがめて伝えること」という意味です。

「湾曲した考え」の言葉の使い方や使われ方

「湾曲した考え」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『芸術家は湾曲した考えを持つ人が多い』
・『彼は湾曲した考えをする人なので説明に時間がかかる』
・『長く一緒に仕事をしているので社長の湾曲した考えを理解できる』

まとめ

今回は「湾曲した考え」について紹介しました。

「湾曲した考え」「本来の意味より遠回しにものごとを理解すること」と覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました