「涙で言葉を詰まらせる」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「涙で言葉を詰まらせる」とは?言葉の意味

この記事では、「涙で言葉を詰まらせる」の意味を分かりやすく説明していきます。

「涙で言葉を詰まらせる」とは?意味

泣いている状態で言葉がうまくでないといった意味です。

「詰まらせる」は、途中でふさがって通りが悪くなるという意味です。

この場合は、そうしたくて通りが悪くなっているのではなく、自分ではそうするつもりがないのに通りが悪くなっています。

「涙で言葉を詰まらせる」の言葉の使い方や使われ方

この言葉は、涙が出ていてうまく言葉がでてこないことを表すときに使用をします。

泣いているとのどが詰まったようになってしまい、言葉がうまくでてこなくなります。

普段会話をするときのような、滑らかな話し方はできません。

その状態を指して使用をします。

感動の涙よりも、悲しみの涙で、言葉が出てこなくなることについて使用する場合が多いです。

「涙で言葉を詰まらせる」の例文

「涙で言葉を詰まらせる」を使った例文を挙げます。

・『涙で言葉を詰まらせる場面もあった』
・『悲しすぎて涙で言葉を詰まらせる』

まとめ

この言葉は、涙によって言葉がうまく出てこない状態を意味しています。

悲しくて泣いているとこの状態になります。

タイトルとURLをコピーしました