「枷が外れる」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「枷が外れる」とは?言葉の意味

この記事では、「枷が外れる」の意味を分かりやすく説明していきます。

「枷が外れる」とは?意味

「枷が外れる」の読みは「かせがはずれる」で、「心理的や物理的に行動の妨げになるものが、なくなることや取り除かれること」を意味する慣用句です。

「枷」「鉄や木で作られた罪人の首・手・足などにはめて、身体の自由を奪う昔の刑具のこと」です。

そこから転じて、「心理的や物理的に行動の妨げになるもの」を意味して使われる言葉です。

また「外れる」は、「なくなるや、取り除かれること」を意味するので、「枷が外れる」「心理的や物理的に行動の妨げになるものが、なくなることや取り除かれること」の意味となるのです。

「枷が外れる」の概要

「枷が外れる」の慣用句は、「心理的や物理的に行動の妨げになるものが、なくなること」を意味し、言い換えれば「何の制約もなく、自由に行動できること」を意味します。

しかし、この慣用句において、「自由に行動できること」は無秩序に何でも出来ると言う悪いニュアンスはなく、自由に思い通りに行えると言うポジティブなニュアンスを持った表現と言えます。

「枷が外れる」の言葉の使い方や使われ方

・『資金不足と言う足枷が外れたことで、理想通りの事業展開が可能となりました』
・『手枷足枷が外れないと、やりたいと考えていることが何も出来ません』

まとめ

「枷が外れる」とは、「心理的や物理的に行動の妨げになるものが、なくなることや取り除かれること」を意味する慣用句です。

タイトルとURLをコピーしました