「彙報」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「彙報」とは?言葉の意味

この記事では、「彙報」の意味を分かりやすく説明していきます。

「彙報」とは?意味

「彙報」は、「いほう」と読みます。

「分類別にまとめた報告や報告書」のことを意味する言葉です。

「雑報」などと言い換える事もできます。

なお、「彙報」「彙」は、「語彙力」などで使用される漢字であり、「あつめる」「あつまる」などの意味を持っているのです。

この「あつまる」意味を「報告」と組み合わせると、「彙報」という言葉になります。

「彙報」の言葉の使い方や使われ方

たとえば、会社の古い書類を捜していたとします。

過去の事例をまとめて、社史として編纂する予定だったのです。

このような場合に、「こちらには彙報があるようです」と述べるとよいでしょう。

これにより、分類別にまとめられた報告のことを、上手に言い換えて表現できるのです。

「彙報」の例文

「彙報」を使った例文を挙げます。

・『それであれば、彙報に記載があったようです』
・『役に立つような彙報を捜すとよいでしょう』
・『過去の彙報に内容がまとめられました』

まとめ

このように「彙報」は、「分類別にまとめた報告や報告書」のことを意味する言葉です。

様々な場面で使用できる言葉なので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました