「命を吹き込む」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「命を吹き込む」とは?言葉の意味

「命を吹き込む」はどんな意味で使う言葉なのでしょうか。

今回は、「命を吹き込む」の意味について解説します。

「命を吹き込む」とは?意味

「命を吹き込む」とは、「価値のないものに手を加えて新たな価値を与えること」を意味する言葉です。

「命を吹き込む」の概要

死んでいるものに命を与えて蘇らせるかのように無価値のものに手を加えて新たな価値を与えて蘇らせることを表します。

失われた命を取り戻すことはできませんが、生命のない道具や装置などの物品についてはいったん失われた価値を修理や改修などで取り戻し蘇らせることが可能です。

ガラクタやボロなど価値のないものに手を加えて物品としての命を取り戻させる行為が「命を吹き込む」です。

故障や劣化を新品のように修理する意味で使うほか、なんの変哲もない材料を加工して美術品など新たな価値を持つものを生み出す意味でも使います。

ただ単に加工や修理をするだけではなく、物品として確かな価値が認められるように手を加えるさまを表します。

「命を吹き込む」の言葉の使い方や使われ方

『古い住宅にリフォームで新たな命を吹き込む』
『こいのぼりに目を書き入れて命を吹き込む』

まとめ

「命を吹き込む」は著しく低い価値しか持たないものに素晴らしく高い価値を与える様子を指す言葉です。

対象によって表す意味合いや行動内容が異なるので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました