「傍若無人」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「傍若無人」とは?言葉の意味

この記事では、「傍若無人」の意味を分かりやすく説明していきます。

「傍若無人」とは?意味

「傍若無人」「ぼうじゃくぶじん」と読みます。

意味は「周りの人のことを全く気にせず、自分のやりたい様に横柄な態度を取る様子」のことです。

周囲の人が迷惑しているのにお構いなく、自分の思うままにふるまう人のことです。

勇気がある、度胸があるというのではなく、はなはだ迷惑な言動をする様子に使われます。

「傍若無人」の概要

「傍若無人」の由来は、中国の歴史的書物「史記」の一節にあります。

前漢時代に、刺客を請け負っていた「荊軻(けいか)」という人物がいました。

彼は、普段は真面目なのですが、お酒を飲むと周囲を気にせず羽目を外して騒ぐことで有名でした。

ここから「傍らに人無きが若し(かたわらにひとなきがごとし)」として使われる様になったのです。

「傍若無人」の言葉の使い方や使われ方

「傍若無人」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『彼は権力に物を言わせて傍若無人にふるまう』
・『レストランで傍若無人にふるまい出入り禁止になる』
・『傍若無人な若者だが根は友達思いで優しい奴だ』

まとめ

今回は「傍若無人」について紹介しました。

「傍若無人」「周りの人のことを全く気にせず、自分のやりたい様に横柄な態度を取る様子」と覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました