「亡き人を偲ぶ」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「亡き人を偲ぶ」とは?言葉の意味

この記事では、「亡き人を偲ぶ」の意味を分かりやすく説明していきます。

「亡き人を偲ぶ」とは?意味

「亡き人を偲ぶ」「なきひとをしのぶ」と読み、「死んでしまいこの世にはいない人を、懐かしく思い出すこと」を意味する言葉です。

「亡き人を偲ぶ」の概要

「亡き人」とは、「亡き」とは、名詞につくことで既に死んでしまっていることを表す言い方で、この場合は「人」全般をさしています。

このことから「亡き人」は、「死んでしまってこの世にはいない人」を意味する言葉となっています。

「偲ぶ」には複数の意味があり、その中でもこの場合「過ぎ去った過去や遠く離れている人、場所などを懐かしく思い出すこと」という意味で使われています。

この二つの言葉から「亡き人を偲ぶ」とは、「死んでいこの世にはいない人を、懐かしく思い出すこと」を意味する言葉となっています。

「亡き人を偲ぶ」を使った例文(使用例)

「亡き人を偲ぶ」を使った例文を挙げます。

・『亡き人を偲ぶ会を開く』
・『今は亡き人を偲ぶ』
・『仏壇に花を供えて亡き人を偲ぶ』

まとめ

「亡き人を偲ぶ」とは、「死んでしまいこの世にはいない人を、懐かしく思い出すこと」を意味する言葉です。

「偲ぶ」という言葉の読み方と使い方を十分に理解して正しく使用できるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました