「万全を期する」とは?意味や言葉の使い方など分かりやすく解釈

「万全を期する」とは?言葉の意味

この記事では、「万全を期する」の意味を分かりやすく説明していきます。

「万全を期する」とは?意味

「万全を期する」「ばんぜんをきする」と読みます。

意味は「少しの手抜かりもない様にすること」です。

あらゆるところまで注意を行き届かせて、完璧な状態であることを待つ様子を表しします。

「万全を期す」とも表現され、ビジネスで「あらゆる手立てができていること」「どの様にも対応できること」などとして使われます。

「万全を期する」の概要

「万全を期する」「万」「一万」から転じて「度合いが大きい」「十分である」「完全で欠けたところがないこと」という意味、「全」「すべて」とも読み、「ことごとく」「残らず」という意味、「期する」「前もって期限や時刻を定める」から転じて「期待する」「心に誓う」と言意味です。

「ことごとく完全で欠けたところがないと心に誓う」という意味で、「少しの手抜かりもない様にすること」として使われています。

「万全を期する」の言葉の使い方や使われ方

「万全を期する」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『コンサートが無事に終わる様に万全を期する』
・『新商品の紹介イベントが滞りなく進む様に万全を期する』
・『決勝戦で十分実力を発揮できる様に万全を期する』

まとめ

今回は「万全を期する」について紹介しました。

「万全を期する」「少しの手抜かりもない様にすること」と覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました