「降雨」の読み方と意味とは?「こうう」と「こうあめ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「降雨」の読み方と意味とは?読み方

「降雨」は天気予報でよく使われる気象に関連する言葉です。

具体的にはどのような現象で何と読むのが正しい言葉なのでしょうか。

今回は、「降雨」の正しい読み方と意味について解説します。

「降雨」の正しい読み方は「こうう」と「こうあめ」どちら

「降雨」という言葉の読み方として「こうう」「こうあめ」の2つが候補に挙がります。

「こうう」「こうあめ」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「降雨」の正しい読み方は「こうう」です。

「降」「降壇」【こうだん】「乗降」【じょうこう】など「こう」と読みます。

「雨」「雨量」【うりょう】「雷雨」【らいう】など「う」と読むほか、「雨風」【あめかぜ】「長雨」【ながあめ】など「あめ」とも読みます。

それぞれの読み方を組み合わせた「こうう」「こうあめ」のうち「降雨」の正しい読み方は「こうう」です。

「降雨」の意味

「降雨」とは、「雨がふること」を指す言葉です。

大気中の水蒸気が液体となり上空から地上へと落下してくる現象を「雨」といいます。

空から雨として水滴が落ちてくることを指す言葉が「降雨」です。

似た意味を持つ言葉に「降水」がありますが「降雨」が空からふる雨のみを指すのに対し、「降水」は雨だけでなく雪も含むという違いがあります。

「降雨量」はふる雨の量を指しますが「降水量」はふる雨と雪の量の合計です。

「降雨」の言葉の使い方や使われ方

・『明日は降雨が予想されている』
・『降雨に備えて傘を持参する』
・『降雨が確認されると試合は一旦中断になる』

まとめ

「降雨」の正しい読み方は「こうう」「こうあめ」という読み方はありません。

毎日の天気を伝える天気予報で使われている身近な言葉なので憶えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました