「絹布」の読み方と意味とは?「けんぷ」と「きぬぬの」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「絹布」の読み方と意味とは?読み方

この記事では、「絹布」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「絹布」の正しい読み方は「けんぷ」と「きぬぬの」どちら

「絹布」「絹」は、音読みで「ケン」、訓読みで「きぬ」と読みます。

また「布」は、音読みで「フ」「ホ」、訓読みで「ぬの」「し(く)」となります。

「絹」「布」を音読みにすると、「布」は半濁音化で「ぷ」となり、「けんぷ」と読むことができます。

一方、「絹」「布」を訓読みにすると、「きぬぬの」になりますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「絹布」の正しい読み方は「けんぷ」です。

例外で、「きぬぬの」と読むこともあるようですが、一般的には「けんぷ」と読みます。

「絹布」「きぬぬの」ではなく、「けんぷ」と読むようにしましょう。

「絹布」の意味

「絹布」とは、絹糸で織った布のことを言います。

「絹布」「絹」は、「きぬ」「きぬ糸」「きぬ織物」などを意味しています。

また「布」は、「ぬの」「しく」「広げる」「織物」などを表しています。

そのため、「絹布」は漢字の意味から見ると、「絹の布」と言う意味合いになります。

「絹布」の言葉の使い方や使われ方

・『この着物は上質な絹布で仕立てられています』
・『部屋に入ると、紫色の絹布に覆われた物が置いてありました』
・『一昔前までこの辺りでは、絹布に用いられる絹糸の生産が盛んに行われていました』

まとめ

「絹布」と関連した語としては、「絹織物(きぬおりもの)」「絹物(きぬもの)」「正絹(しょうけん)」「シルク」、あるいは「絹地(きぬじ)」などが挙げられます。

「絹布」「きぬぬの」ではなく、「けんぷ」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました