「皇子」の読み方と意味とは?「こうし」と「おうじ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「皇子」の読み方と意味とは?読み方

この記事では、「皇子」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「皇子」の正しい読み方は「こうし」と「おうじ」どちら

「皇」という漢字は訓読みでは「きみ」「すめらぎ」と読み、音読みでは「こう」「おう」と読みます。

そして、「子」という漢字は訓読みでは「こ」「み」「ね」「おとこ」と読み、音読みでは「し」「す」と読みます。

「皇子」には3つの読み方があり、1つ目は「皇」「子」それぞれに音読みを当て、「こうし」とする読み方。

2つ目も同じく「皇」「子」それぞれに音読みを当て、「し」を濁音に変化させて「おうじ」とする読み方。

そして、3つ目は「すめみこ」とする読み方です。

正しい読み方の結論

「皇子」の正しい読み方は「こうし」「おうじ」「すめみこ」になります。

「皇子」の意味

「皇子」とは、「天皇や皇帝、天子の息子」という意味を指す言葉です。

「皇子」の類義語には「王子」「御子(みこ)」「皇太子」「若宮(わかみや)」「プリンス」などがあります。

ちなみに、「天皇や皇帝、天子の娘」を指す場合は「皇女(おうじょ/こうじょ)」になります。

「皇」「天子」「天下を支配する者」「天皇の古い言い方」「天皇に関する語につける敬称」などの意味が含まれる漢字です。

「皇子」の言葉の使い方や使われ方

・『皇子が生まれたことを祝って、諸国から贈り物が届けられた』
・『皇子たちの間で後継を狙った政争が巻き起こった』
・『衰退の一途を辿っていた帝国は皇子の尽力により復興した』

まとめ

「皇子」の正しい読み方は「こうし」「おうじ」「すめみこ」になります。

「皇子」とは、「天皇や皇帝、天子の息子」という意味を指す言葉です。

タイトルとURLをコピーしました