「権化」の読み方と意味とは?「ごんげ」と「けんか」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「権化」の読み方と意味とは?読み方

この記事では、「権化」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「権化」の正しい読み方は「ごんげ」と「けんか」どちら

「権化」「ごんげ」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「権」の音読みは「けん・ごん」、訓読みは「いきお(い)・おもり・はか(る)・かり」「化」の音読みは「か・け」、訓読みは「ば(ける)・ば(かす)・か(わる)・か(える)」です。

「権化」と表記する場合「けんか」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「権化」の正しい読み方は「ごんげ」で。

「けんか」とは読みません。

「権化」の意味

「権化」の意味は、「仏教用語で、仏や菩薩が、人々を救済するために、仮の姿をとってこの世に現れること」「ある抽象的な性質が、具体的な形あるものとなって現れたかの様に思える人や物」です。

「権化」の語源は「権現(ごんげん)」という仏教用語で、こちらも「仏や菩薩などが、人々を救うために神の姿で現れること」という意味でした。

そのため「権現」は、「さまざまな神」の称号として使われていましたが、次第に「仏が取る仮の姿」という意味だけに特化して「権化」という言葉が作られたのです。

「権化」の言葉の使い方や使われ方

「権化」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『山中で道を教えてくれた老人は菩薩様の権化に違いない』
・『彼は闇墜ちして悪の権化となった』
・『彼女は正に美の女神の権化と言えるほど美しい』

まとめ

今回は「権化」の読み方について紹介しました。

「権化」の正しい読み方は「ごんげ」で、「けんか」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました