「干支」の読み方と意味とは?「えと」と「えし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「干支」の読み方と意味とは?読み方

この記事では、「干支」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「干支」の正しい読み方は「えと」と「えし」どちら

「干支」「干」は、音読みで「カン」、訓読みで「ほ(す)」「ひ(る)」などと読みます。

また「支」は、音読みで「シ」、訓読みで「ささ(える)」「つか(える)」などとなります。

「干支」は音読み、訓読みでは「えと」とは読むことができませんが、この読み方になります。

一方、「干」「え」とは読めませんが、「支」は音読みで「し」と読むことができます。

しかし、「えし」の読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「干支」の正しい読み方は「えと」です。

また、「干支」「かんし」と読むことができます。

「えと」の読み方の由来は、「十干五行」「陽」「兄(え)」と、「陰」「弟(と)」から来ていると言われています。

「干支」「えし」ではなく、「えと」と読むようにしましょう。

「干支」の意味

「干支」とは、暦(こよみ)で「十干」「十二支」を組み合わせたものを言います。

あるいは、「十二支」だけを指す場合もあります。

「干支」「干」は、「ほす」「かわかす」「十干」などを意味しています。

また「支」は、「ささえる」「つかえる」「十二支」などを表しています。

「干支」の言葉の使い方や使われ方

・『干支は「十干十二支(じっかんじゅうにし)」を略したものです』
・『干支は60回で一回りします』
・『2022年の干支は壬寅(みずのえとら)になります』

まとめ

「干支」は漢字の意味から見ると、「十干と十二支」と言う意味合いになります。

「干支」「えし」ではなく、「えと」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました