「帰郷」の読み方と意味とは?「ききょう」と「きごう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「帰郷」の読み方と意味とは?読み方

この記事では、「帰郷」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「帰郷」の正しい読み方は「ききょう」と「きごう」どちら

「帰郷」「帰」は、音読みで「キ」、訓読みで「かえ(す)」「かえ(る)」と読みます。

また「郷」は、音読みで「キョウ」「ゴウ」、訓読みで「さと」となります。

「帰」「郷」を音読みにすると、「ききょう」と読むことができます。

一方、音読みで「きごう」とも読めますが、この読み方ではありません。

正しい読み方の結論

「帰郷」の正しい読み方は「ききょう」です。

「帰郷」「きごう」ではなく、「ききょう」と読むようにしましょう。

「帰郷」の意味

「帰郷」とは、故郷へ帰ることを言います。

「帰郷」「帰」は、「かえる」「もとの場所に戻る」などを意味しています。

また「郷」は、「さと」「ごう」などを表しています。

そのため、「帰郷」は漢字の意味から見ると、「郷に帰る」と言う意味合いになります。

「帰郷」の言葉の使い方や使われ方

・『定年退職した後は、帰郷しようと思っています』
・『30年ぶりに帰郷した故郷の風景は、すっかり変わっていました』
・『帰郷したいと思っていますが、現状ではなかなか難しいです』

まとめ

「帰郷」と関連した語としては、「帰省(きせい)」「帰国(きこく)」「里帰り」「帰宅」などが挙げられます。

それぞれ帰ると言う点では共通していますが、意味がそれぞれ異なります。

「帰省」も故郷に帰ると言う意味がありますが、一時的なもので、再び戻ってくる意味合いを持っています。

「帰郷」は故郷に戻って住むと言う意味があるので、「帰省」とは意味が違います。

「帰郷」「きごう」ではなく、「ききょう」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました