「大筋」の読み方と意味とは?「おおすじ」と「おおきん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「大筋」の読み方と意味とは?読み方

この記事では、「大筋」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「大筋」の正しい読み方は「おおすじ」と「おおきん」どちら

「大筋」「大」は、音読みで「タイ」「ダイ」、訓読みで「おお」「おお(きい)などと読みます。

また「筋」は、音読みで「キン」、訓読みで「すじ」となります。

「大」「筋」を訓読みにすると、「おおすじ」と読むことができます。

一方、「大」を訓読み、「筋」を音読みで読むと、「おおきん」になりますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「大筋」の正しい読み方は「おおすじ」です。

「大筋」「おおきん」ではなく、「おおすじ」と読むようにしましょう。

「大筋」の意味

「大筋」とは、だいたいの筋道(すじみち)のことを言います。

他にも、筋肉の意味を表すこともあり、「だいきん」とも読みます。

「大筋」「大」は、「おおきい」「おおいに」「だいたい」などを意味しています。

また「筋」は、「すじ」「あらまし」「筋肉」「道すじ」などを表しています。

そのため、「大筋」は漢字の意味から見ると、「だいたいの道筋」「大きい筋肉」と言う意味合いになります。

「大筋」の言葉の使い方や使われ方

・『物語のあらすじを読んで、ストーリーの大筋を知る』
・『プロジェクトの大筋は出来てきたので、後は細かい部分を決めていきましょう』
・『バリエーションは多いようですが、大筋はどれも同じようなものです』

まとめ

「大筋」と関連した語としては、「あらまし」「大略」「概略」「あらかた」、あるいは「概要」などが挙げられます。

「大筋」「おおきん」ではなく、「おおすじ」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました