「割愛」の読み方と意味とは?「かつあい」と「わりあい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「割愛」の読み方と意味とは?読み方

この記事では、「割愛」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「割愛」の正しい読み方は「かつあい」と「わりあい」どちら

「割愛」「かつあい」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「割」の音読みは「かつ」、訓読みは「わ(る)・わり・わ(れる)・さ(く)」「愛」の音読みは「あい」、訓読みは「め(でる)・お(しむ)・まな・かな(しい)・いと(しい)・う(い)」です。

「割愛」と表記する場合「わりあい」とは読みません。


正しい読み方の結論

「割愛」の正しい読み方は「かつあい」です。

「わりあい」とは読みません。


「割愛」の意味

「割愛」の意味は「仏教用語で、愛着の気持を断ち切ること」「惜しいと思っても、思い切って手放すこと」「公務員や大学職員などが、他の組織に移籍すること」です。

「割愛」は仏教用語に由来する言葉で、「あらゆるものを惜しむ気持ちや煩悩などを捨て去ること」を表します。

ここから転じて「惜しくても思い切って手放すこと」として使われる様になりました。

最近では、更に転じて「不必要なものを切り捨てる」という意味で使われることも増えてきていて、誤用とは言えなくなってきています。

「割愛」の言葉の使い方や使われ方

「割愛」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『趣味のグッズを一部割愛して整理する』
・『ブランド品が溜まったので大半を割愛する』
・『時間の都合上、一部の説明を割愛いたします』

まとめ

今回は「割愛」の読み方について紹介しました。

「割愛」の正しい読み方は「かつあい」で、「わりあい」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

読み方
シェアする
新しい言葉
タイトルとURLをコピーしました