「釈然としない」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「釈然としない」とは?ビジネス用語

「釈然としない」というビジネス用語の意味・使い方・類語・英語を分かりやすく解説します。

「釈然としない」とは?

「釈然としない」とは、「ビジネスシーンにおいて相手に対して何らかの疑念が生じたときに、その疑念が解消されずにわだかまりが残っていること」を意味しているビジネス用語です。

「釈然としない」という言葉は、「疑いの気持ちあるいは迷いの気持ちが解消されないので、すっきりとした状態になれないさま」を指し示しているのです。

「釈然としない」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

「釈然としない」のビジネスでの使い方は、「ビジネスのやり取りをしている企業・相手に対して疑い・不快感を感じたが、それを解消できずにすっきりしないさま」を意味して使うという使い方になります。

この言葉を使うときの注意点は、「相手にネガティブな感情をぶつける表現のため、ビジネスシーンでは基本的には使われないし使わないほうが良い」ということになります。

「釈然としない」を使った例文

「釈然としない」のビジネス用語を使った例文を紹介していきます。

・『担当者が今回の件について謝罪してきましたが、投げやりな態度だったので釈然としません』
・『釈然としないあなたの気持ちは分かりますが、実際の交渉場面ではその気持ちは出さないようにしてください』
・『これまで何度もコンプライアンス違反を繰り返してきたあの部署が大丈夫だと言っても釈然としません』

「釈然としない」の類語での言いかえ

「釈然としない」という言葉の類語での言い換えを紹介していきます。

「釈然としない」の類似表現

「釈然としない」の類似表現には、以下のような言い回しがあります。

・『気持ちが収まらない』
・『腑に落ちない』
・『受け入れがたい』

「釈然としない」の言葉は、「疑念や怒りが解消されないので気持ちが収まらないさま」を意味しています。

「腑に落ちない」には「疑い・怒りのわだかまりのニュアンス」はありませんが、「すきりと理解できず納得できないこと」の意味があります。

「釈然としない」という言い回しは、「相手の説明・対応などに納得できないため、受け入れがたいこと」も示唆しています。

「釈然としない」の英語表現

「釈然としない」を英語で表現すると以下のようになります。

・『feel something is wrong』
・『be not feel satisfied』
・『be not completely satisfied with』
「釈然としない」の言葉は、「feel something is wrong(どこかが違っていると感じる)」で表現することができます。

また「be not feel satisfied」という英文で、「納得(満足)していない」のニュアンスを伝えることができます。

「be not completely satisfied with〜」とすれば、「〜に完全に納得したわけではなく不満・わだかまりが残っている」といった意味合いになります。

まとめ

「釈然としない」というビジネス用語を徹底的に解説しましたがいかがでしたか?「釈然としない」の意味・使い方・類語・英語についてリサーチしたいときは、この記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました