「取り急ぎご連絡まで」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「取り急ぎご連絡まで」とは?ビジネス用語

「取り急ぎご連絡まで」とは?

ビジネスでの使い方、敬語での言い換えなど、分かりやすく解説していきます。

「取り急ぎご連絡まで」とは?

「取り急ぎご連絡まで」は、暫定的に連絡するような場面で使用される言葉です。

「取り急ぎ」は、「まずは」「ひとまず」と同じようなニュアンスを持っています。

このように表現することで、暫定的な連絡である様子を言い表す言葉にできるのです。

また、「連絡」とは「つながりをつけること」を意味する言葉です。

ビジネスでは、メールや電話を示して「連絡」と表現します。

ここでは接頭語を付与して「ご連絡」とすることで、相手に敬意を示しているのです。

これらのことから、「取り急ぎご連絡まで」とは、暫定的にメールや電話することを、言い表していると分かるのです。

「取り急ぎご連絡まで」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「取り急ぎご連絡まで」を使う場合には、どのようなものがあるでしょうか。

たとえば、社外にいる時に顧客から連絡があったとします。

その連絡は重要な内容でしたので、まずは上司に報告することにしたのです。

このような場合には、「戻り次第詳細に報告しますが、取り急ぎご連絡まで」と述べるとよいでしょう。

これにより、暫定的な連絡である事を、上手に言いかえて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「取り急ぎ」の使い方に注意しましょう。

これは「まずは」「ひとまず」の類似表現で言い換える事もできます。

どれも同じような意味で使用できますが、少し印象の違う言葉でもあるのです。

使用する状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。

「取り急ぎご連絡まで」を使った例文

「取り急ぎご連絡まで」を使った例文を挙げます。

例文のように、取り急ぎになっている理由などを付け加えると、自然な文章を作成できるのです。

・『現状では詳細不明ですが、取り急ぎご連絡まで』
・『改めてご報告いたしますが、取り急ぎご連絡まで』
・『詳細は別途報告いたしますが、取り急ぎご連絡まで』

「取り急ぎご連絡まで」の類語と敬語での言いかえ

それでは「取り急ぎご連絡まで」の類語と敬語での言いかえを説明します。

「取り急ぎご連絡まで」の類似表現

「取り急ぎご連絡まで」の類似表現には、「まずはご連絡まで」があります。

「取り急ぎ」「まずは」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「取り急ぎご連絡まで」の敬語表現

「取り急ぎご連絡まで」を、別な敬語表現で言いかえるとどうでしょうか。

たとえば、「取り急ぎご連絡いたしました」のように言いかえできます。

まとめ

このように「取り急ぎご連絡まで」は、暫定的に連絡するような場面で使用される言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました