「ご案内させていただきます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「ご案内させていただきます」とは?ビジネス用語

「ご案内させていただきます」とは?

ビジネスでの使い方や、敬語での言い換え方法などについて、分かりやすく解説していきます。

「ご案内させていただきます」とは?

はじめに「ご案内させていただきます」の意味を解説していきます。

「案内」「事情や様子を知らせる事」を意味する言葉です。

これに「ご」を付けて「ご案内」とすることで丁寧な表現になります。

また、「させていただきます」は少し冗長な表現ですが、問題のないものです。

相手に対して許可や了承の必要な行為に対して「させてもらう」を丁寧に表現しているのです。

「ご案内させていただきます」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは「ご案内させていただきます」のビジネスでの使い方・使われ方には、どのようなものがあるのでしょうか。

たとえば、あなたが顧客と電話していたとします。

相手はあなたに、新製品の問い合わせのために電話してきたのです。

あなたの会社では、新製品の広告を大々的に実施しているので、顧客が情報収集のために電話をくれたのでした。

そこであなたは、相手に対して電話で簡単に新製品の内容を説明しようと考えました。

しかし、唐突に説明を始めるのではなく、先に相手に断りを入れておくべきだと考えました。

このような場合には「よろしければ、このままご案内させていただきます」と述べてから本題に入るとよいでしょう。

これにより、相手はこれから案内してもらえることを認識してから、話の内容を聞けるのです。

この言葉を使う場合の注意点は、「させていただきます」が冗長な表現であることです。

「ご案内いたします」としても十分に伝わるので、基本的には言い換えを検討したほうが良いでしょう。

しかし、「させていただきます」という表現が持つニュアンスを大事にしたい場面もあります。

そのため、どちらの語尾を採用するかの判断は時々の状況によると言えるのです。

「ご案内させていただきます」を使った例文

ここでは「ご案内させていただきます」を使った例文を挙げていきます。

例文のように単独でも使用できますし、冒頭に一言を加える使い方も可能です。

状況に応じて、柔軟に応用して使用するとよいでしょう。

・『ご案内させていただきます』
・『少しだけ、ご案内させていただきます』
・『ひとつだけ、ご案内させていただきます』

「ご案内させていただきます」の類語や敬語での言いかえ

それでは「ご案内させていただきます」の類語や敬語での言いかえには、どのようなものがあるのでしょうか。

「ご案内させていただきます」の類似表現

まず「ご案内させていただきます」の類似表現について解説します。

「ご案内させていただきます」「ご案内いたいます」との言い換えが可能です。

表現は異なりますが、意味は概ね同じになります。

「ご案内させていただきます」の敬語表現

つぎに「ご案内させていただきます」を別の敬語表現で言い換えるとどうでしょうか。

たとえば「ご案内差し上げます」という言い換えが可能です。

まとめ

このように「ご案内させていただきます」は、相手に対して控えに提案できる言葉です。

いっぽうで、冗長な表現と指摘されることもある語尾なので、使う場合は言い換えも検討するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました