「小さい」と「小さな」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

「小さい」と「小さな」の違いとは?言葉の違い【2語】

この記事では、「小さい」「小さな」の違いを分かりやすく説明していきます。

「小さい」とは?

「小さい」「ちいさい」と読み、主な意味は以下の通りです。

1つ目は「物の形・面積・容積が狭い空間である」という意味で、ある基準と比べて狭い場所で済む様子を言います。

2つ目は「数量が少ない」という意味で、ある基準と比べて数や量が少ない様子を言います。

3つ目は「規模が普通以下である」という意味で、規模が通常より下である様子を言います。

4つ目は「心が狭い」という意味で、寛容さに欠ける様子を言います。

5つ目は「些細なこと」という意味で、大して重要でない様子を言います。

上記に共通するのは「ある基準と比べて少ない様子」という意味です。

「小さい」の使い方

「小さい」「物の形・面積・容積が狭い空間であること」「数量が少ない」規模が普通以下である「心が狭い」「些細なこと」という意味で使われます。

形容詞として使われたり、副詞として「小さく」と使われたりします。

基本的に、ある基準と比較して、客観的に度合いが少ない様子に使われる言葉です。

「小さな」とは?

「小さな」「ちいさな」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「狭い空間を占めるもの」という意味で、狭い場所を占めているもののことを言います。

2つ目は「数量が少ないもの」という意味で、数量が少なく見えるもののことを言います。

3つ目は「規模が普通以下のもの」という意味で、規模が下に見えるもののことを言います。

4つ目は「価値が低いもの」という意味で、大して重要でないと思うもののことを言います。

5つ目は「程度が少ないもの」という意味で、度合いが低いと思うもののことを言います。

「小さな」の使い方

「小さな」「狭い空間を占めるもの」「数量が少ないもの」「規模が普通以下のもの」「価値が低いもの」「程度が少ないもの」という意味で使われます。

形容詞ですが体言の前のみに使われ、他より度合いが少なく見えるという、話し手の主観が含まれることが多くなります。

「小さい」と「小さな」の違い

「小さい」「ある基準と比較して、客観的に度合いが少ない様子」という意味です。

「小さな」「体言の前のみに使われ、他より度合いが少なく見えるという、話し手の主観が含まれる」という意味です。

「小さい」の例文

・『小さいが自分の家を持てた』

・『もっと小さい声で話して下さい』

・『ずいぶん気が小さい人だ』

・『小さい台風が3つも日本に近づいている』

「小さな」の例文

・『ずいぶん小さなケーキだな』

・『小さな声だがよく通る』

・『誕生日に小さなパーティを開いた』

・『小さな問題なので取り上げてもらえなかった』

まとめ

今回は「小さい」「小さな」について紹介しました。

「小さい」「客観的に度合いが少ない様子」「小さな」「体言に付き、主観的に度合いが少ないもの」と覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました