「薬局」と「ドラックストア」の違いとは?分かりやすく解釈

「薬局」と「ドラックストア」の違いとは?言葉の違い【2語】

この記事では、「薬局」「ドラックストア」の違いを分かりやすく説明していきます。

「薬局」とは?

「薬局」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「薬局」「やっきょく」と読みます。

「薬局」は、正式には「調剤薬局(ちょうざいやっきょく)」と言います。

「薬局」には、「薬剤師(やくざいし)」が常駐していて、調剤室で医薬品を調剤することができます。

薬剤師は、一般用医薬品、要指導医薬品、医療用医薬品のすべてを販売、または調剤できる資格を持つ、薬の専門家になります。

単純に、「薬局」に置かれている医薬品を販売するだけでなく、「調剤」という名前の、医療を提供する場になっています。

一般的に「薬局」は病院の隣に建っており、病院の医師が出した処方箋に従って、薬を出します。

ただし、薬剤師は、医師の出す処方箋に異議を唱えることもできます。

このように、「薬局」は、医師が出した処方箋に従い、薬を販売する場であり、さらに、一般用医薬品、要指導医薬品など、すべての薬を販売できる場所となっています。

「ドラックストア」とは?

「ドラックストア」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ドラックストア」「drugstore」と英語表記します。

「ドラックストア」は、雑貨や日用品、雑誌などを扱う、薬屋のことを言います。

このように「ドラックストア」は、基本的に、一般用医薬品を販売している場所で、さらに日用品や雑貨、食料品などを取り扱っているお店のことを指します。

ただし、薬剤師が常駐している店もあり、医師が出した処方箋に従って、医療用医薬品を提供している「ドラックストア」もあります。

また、衣料品や雑貨、化粧品などは、コンビニよりも安い料金が設定されているため、コンビニやスーパーのライバル店としても存在しています。

アメリカの「ドラックストア」の場合は、軽飲食店も兼ねることが多いなど、マルチな存在になっています。

このように、「ドラックストア」は一般用医薬品を売ることから始まり、衣料品や食料品、また医療用医薬品まで販売することがあります。

「薬局」と「ドラックストア」の違い

「薬局」「ドラックストア」の違いを、分かりやすく解説します。

「薬局」「調剤薬局」と呼ばれていて、薬剤師が常駐しており、医療用医薬品など、様々な薬を販売することができます。

一方の「ドラックストア」は基本的に一般用医薬品を取り扱っていて、食料品や衣料品、雑貨なども同時に販売しているお店のことを言います。

このように、「薬局」は薬剤師がいて、医療用医薬品を販売しているのに対して、「ドラックストア」は、一般用医薬品を販売し、薬以外の物も販売しているという違いがあります。

まとめ

「薬局」「ドラックストア」の違いについて見てきました。

「薬局」「ドラックストア」は役割が被る部分もありますが、重ならない部分も大きいため、役割の違いを知り、使い分けていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました