「品質管理」と「品質保証」の違いとは?分かりやすく解釈

「品質管理」と「品質保証」の違いとは?言葉の違い【2語】

この記事では、「品質管理」「品質保証」の違いを分かりやすく説明していきます。

「品質管理」とは?

「品質管理」とは、商品やサービスがきちんとした品質(クオリティ)を基準となる保っているかの管理のことです。

特に機械によって生産する大量生産品では、個別に品質がばらつくことが少なくありません。

それらを1つ1つ基準内かどうかチェックすることが、この「品質管理」に大きく繋がります。

大きさや見た目などの外観的な面だけでなく、実際のランニングテストも当然この為に必要で、注文品の場合は、その通りになっているかという点が一番大切になります。

「品質保証」とは?

「品質保証」は、一定の品質があることの保証となる言葉です。

しかし、その基準は商品やサービス、製造元(会社)によって様々なので、基準がある訳ではなく、「我が社の製品は、どれも品質保証済みだ」などと使っていても、あくまでその会社としての基準であり、誰もがそれに満足できるとも限りません。

また、言葉として「保証期間」のことと使われる場合があり、「品質保証は1年間」とすると、1年がその保証期間で、その間の故障には無償で対応してもらえるといったようなサービスを表現していると考えていいでしょう。

「品質管理」と「品質保証」の違い

「品質管理」「品質保証」の違いを、分かりやすく解説します。

「品質管理」は、品質についてのチェック、それに付随する内容のことで、「品質保証」は、品質が基準に届いている、満たしていることの保証という意味になる言葉です。

後者は、一般には先のような「保証期間」として見聞きすることが多く、具体的な期間が設定されていれば、そのことだと解釈していいでしょう。

まとめ

「品質管理」「品質保証」は、このような言葉になります。

大きな会社では、これらの為の専門部署が設置されていることも少なくありません。

タイトルとURLをコピーしました