「統計」と「集計」の違いとは?分かりやすく解釈

「統計」と「集計」の違いとは?言葉の違い【2語】

この記事では、「統計」「集計」の違いを分かりやすく説明していきます。

「統計」とは?

「統計(とうけい)」とは、「特定の集団(母集団)からサンプル(標本)を抽出したり数(頻度)を調べたりして、その集団の性質・傾向・状態などを数値で表したもの」を意味している言葉です。

「統計」には統計学という数学の一分野があるように、「統計」「集団の傾向・性質を調べるための専門的なサンプリング・計算・操作の過程」になっています。

例えば、「統計」「政府・学校・企業などがそれぞれの仕事と関連する内容のデータを整理・操作して数値として表したもの(失業率・経済成長率・進学率・売上と利益の推移など)」として活用されています。

「集計」とは?

「集計(しゅうけい)」とは、「個別に出している数字を集めて合計すること・個別の数字を足し合わせること」を意味している表現です。

「集計」という言葉は「複数の個別の数字(データ)を、シンプルに足して合わせること」を意味していて、統計の作成・運用ほどの「専門的な知識とトレーニング・複雑な計算プロセス」を必要としません。

例えば、「アンケートの集計結果を発表します」「今月の欠席者の集計です」などの例文で使用することができます。

「統計」と「集計」の違い!

「統計」「集計」の違いを、分かりやすく解説します。

「統計」「集計」「データとしての数字を計算すること」という意味では共通していますが、「統計」のほうが「集計」よりも専門的な知識が必要で計算過程も複雑になるという違いがあります。

「統計」というのは「母集団からサンプルを抽出してその数量・割合などを調べることで、母集団の性質や傾向を数値で示したもの」を意味していますが、「集計」とは「統計ほどの複雑なサンプル抽出・計算過程を必要とせず、個別の数字を集めて合計したもの」を意味しているという違いを指摘できます。

まとめ

「統計」「集計」の意味の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「統計」という言葉は、「特定の集団を調べて、その集団の性質・傾向・状態などを数値で表したもの」を意味しています。

「集計」というのは、「個別に出した数字を集めて足し合わせること」を意味している言葉です。

「統計」「集計」の意味の違いを詳しく知りたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました