「相対的」と「絶対的」の違いとは?分かりやすく解釈

「相対的」と「絶対的」の違いとは?言葉の違い【2語】

この記事では、「相対的」「絶対的」の違いを分かりやすく説明していきます。

「相対的」とは?

「相対的(そうたいてき)」とは、「ある物事・価値・意味などが、他のものとの比較・関係によって成り立っているさま」を意味している言葉です。

「相対的」という言葉は、「ある物事の価値・意味を判断したり評価したりする時に、他の物事との比較に依拠しているさま」を意味しているのです。

例えば、「相対的な評価を上げるには、人との競争に勝つ必要があります」「ほとんどの物事は、相対的な価値を持っているに過ぎません」などの例文で使用することが可能です。


「絶対的」とは?

「絶対的(ぜったいてき)」とは、「ある物事・価値・意味などが、他のものと比較しようがない(他のものとの関係を考える必要がない)さま」を意味している言葉です。

「絶対的」という表現は、「ある物事が他の物事との比較に依拠せず、独立した状態・存在であるさま」を意味しているのです。

例えば、「絶対的な信念を持っていれば人生で迷うことはありません」「絶対的な貧困は飢え死にするリスクになります」といった文章で使われます。


「相対的」と「絶対的」の違い!

「相対的」「絶対的」の違いを、分かりやすく解説します。

「相対的」「絶対的」という二つの言葉は、正反対の意味を持つ対義語の関係にあります。

「相対的」というのは「ある物事や価値が、他のものとの比較・関係によって成り立っているさま」を意味していて、「絶対的」のほうは「ある物事や価値が、他のものと比較しようがない独立した状態・存在であるさま」を意味している違いがあります。

例えば、「相対的な価値」とは「100円に対して1000円のほうが価値があるといった、あるものと比べた時の価値」を意味しています。

それに対して、「絶対的な価値」とは「人権・生命・愛の価値のように、(その価値を信じる者にとって)他のものとは比較しようがない独立した価値」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「相対的」「絶対的」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「相対的」とは「ある物事が他との比較や関係によって成り立っているさま」を意味していて、「絶対的」「ある物事が他から独立していて(比較・関係に依拠せず)、それそのもので成り立っているさま」を意味している違いがあります。

「相対的」「絶対的」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました