「会釈」と「敬礼」と「最敬礼」の違いとは?分かりやすく解釈

「会釈」と「敬礼」と「最敬礼」の違いとは?言葉の違い【3語】

この記事では、「会釈」「敬礼」「最敬礼」の違いを分かりやすく説明していきます。

「会釈」とは?

「会釈」とは、軽く頭を下げて礼をすることや、人を思いやる挨拶のことです。

「会釈」を使った例文をいくつかご紹介します。

『知らない人に挨拶をされたので、一応軽く会釈だけしておいた』、『無視して通り過ぎるのも、気まずいと思い、軽い会釈をして過ぎ去った』、『道を譲ったら、相手にお礼を言われたので、会釈で返した』「会釈」の類語としては、「お辞儀」「挨拶」、または「一礼」などがあります。

「敬礼」とは?

「敬礼」とは、尊敬の気持ちを表して礼をすること、または、する礼のことを意味しています。

「敬礼」が使われている例文をいくつか挙げてみます。

『街中で警察官が敬礼をしているところを見かけた』、『私はバスに乗っている時、同じ会社のバスがすれ違いざまに、運転手同士で敬礼の挨拶をしているのを目にします』、『鉄道が好きな男の子は、運転手さんに挨拶された時に同じように敬礼をしていました』

「最敬礼」とは?

「最敬礼」とは、両手を膝下まで下げて、前方に深く体を曲げる、一番丁寧な「敬礼」のことを言います。

「最敬礼」を用いた例文をいくつか見てみましょう。

『彼は直立不動の姿勢で最敬礼を行った』、『子供たちは親から必要な場面では、きちんと最敬礼をするように躾けられている』、『彼は最敬礼をして、この場を立ち去って行った』

「会釈」と「敬礼」と「最敬礼」の違い

「会釈」とは、軽く頭を下げて礼をすることや、人を思いやる挨拶のことを言います。

「敬礼」は、尊敬の気持ちを表して礼をすることです。

また、「最敬礼」は、両手を膝下まで下げて行う、一番丁寧な「敬礼」のことを意味します。

「会釈」は日常的に行っている挨拶のことですが、「敬礼」は軍隊などで行う挨拶や、尊敬の気持ちがあることを意味しています。

また、「最敬礼」はもっとも深い尊敬や敬意を込められています。

挨拶する時の頭を下げる角度は、「会釈」が一番浅く、次いで「敬礼」、もっとも深いのが「最敬礼」です。

まとめ

挨拶は頭を下げる角度によって、その意味合いが異なってきます。

頭を下げる角度が深くなればなるほど、相手に敬意や尊敬の気持ちが深くなります。

ビジネスマナーでも挨拶が重要とされていますし、正しいやり方を教えてくれる講座などもあります。

日常生活の中でもっとも多く行っているのが「会釈」です。

「会釈」は気軽に行える挨拶ですが、場合によっては「会釈」をしないことで、その場の雰囲気が気まずくなってしまうこともあります。

仮にコミュニケーションが苦手で、その場に合った適切な挨拶の言葉が見つからないとしても、軽く「会釈」をするだけでも、相手への印象は違ってきます。

挨拶はコミュニケーションの基本ですし、そこからすべてが始まると言ってもよいでしょう。

良好な人間関係を築いていくためにも、その場に応じた挨拶ができるようになっていきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました