「お客様がお見えになりました」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「お客様がお見えになりました」とは?ビジネス用語

この記事では「お客様がお見えになりました」について解説をします。

「お客様がお見えになりました」とは?意味

お客様が会いにきました、やってきましたといった意味です。

「お見え」「見える」「お」をつけて、敬意を表す言い方にしたものです。

「見える」にはいくつもの意味があるのですが、この場合は来る、おいでになるという意味で使用をしています。

「お」は動詞の連用形について、そのしたに「になる」を添えた形で、その動作をする人に対して尊敬の意を表します。

この場合は、お客様が「来る」という動作をしており、お客様に対して敬意を表しています。

「なり」「なる」のことで、「お~になる」の形で尊敬の意を表します。

「ました」は、敬意を表す「ます」に、過去や完了を表す「た」をつなげたものです。

つまり、すでに来ているということです。


「お客様がお見えになりました」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、自社などにお客様がやってきたときに、誰かに知らせるために使用をします。

過去や完了を表す「た」で表現しているので、すでにやって来ています。

知らせる相手の立場がどうであっても、使うことができます。

お客様を敬った表現なので、自分よりも下の立場のものに対して述べても不自然ではありません。

聞き手を敬っているのではないです。

丁寧でない言葉を使用すると「お見えになりました」「来ました」となります。

お客様がいる前でこのような表現をすると失礼で、自分は低く扱われていると感じてしまうことでしょう。

お客様がいない場所でも、やってきた人を敬う表現をするように気をつけます。

やってきたお客様への対応も忘れてはなりません。

言葉を丁寧にするだけでなく、対応の仕方も丁寧にするようにしてください。


「お客様がお見えになりました」を使った例文

・『先ほどお客様がお見えになりました』

「お客様がお見えになりました」の返答や返信例

わかりましたという意を伝えます。

返事をしないと、話し手は自分のいったことが伝わったのかわからないので、忙しくても返事をするようにしましょう。

その場にお客様がいることもあり、そのときには返事の仕方に注意が必要です。

ぞんざいな返事の仕方だと、お客様を不快にさせる恐れがあります。

その後は、お客様の対応をします。

すでに帰っており、やってきた報告の場合は、わかりましたという意を伝えるだけです。

まとめ

この言葉はお客様がやってきたことを誰かに知らせるときに使用をします。

やってきた人を不快にさせないために、丁寧な言葉を使って報告をしましょう。

そして、対応の仕方も丁寧にすることを忘れてはなりません。

タイトルとURLをコピーしました