「才気」と「才知」と「才覚」の違いとは?分かりやすく解釈

「才気」と「才知」と「才覚」の違い言葉の違い【3語】

この記事では、「才気」「才知」「才覚」の違いを分かりやすく説明していきます。

「才気」とは?

「才気」「さいき」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「ものごとに素早く気づいて理解する能力」という意味で、他の人が気づかない様なことに気づきを得て、その本質を理解する力のことです。

2つ目は「ものごとを正しく判断して巧みに処理する能力」という意味で、今できる最も良い方法を考えて、それを間違えずに実行する能力のことです。

上記に共通するのは「頭の回転が鋭い」という意味です。

「才気」の使い方

「才気」は名詞として「才気がある・ない」「才気がみなぎる」「才気あふれる」などと使われます。

基本的に、頭の回転が鋭く、ものごとを素早く理解したり、適切に処理する能力に使われる言葉です。

「才気」の例文

・『この映画は監督の才気あふれる作品だ』

「才知」とは?

「才知」「さいち」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「生まれつき持っている能力と、後天的に得た知識」という元の意味です。

2つ目は転じて「心の働きが鋭く、知識が伴って能力として発揮されること」という意味で、生まれつきの頭の良さに知識が備わっている、素晴らしい能力のことです。

上記に共通するのは「心の働きが優れている」という意味です。

「才知」の使い方

「才知」は名詞として「才知に長ける・長けた」「才知に優れる・優れた」「才知が光る」などと使われたります。

基本的に、生まれつき持っている能力に知識が加わり、優れた心の働きを発揮することに使われる言葉です。

「才知」の例文

・『彼女は人の扱いに対する才知に長けている』

「才覚」とは?

「才覚」「さいかく」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「素早く頭を働かせてものごとに対応する能力」という意味で、すぐに判断して行動できることです。

2つ目は「素早く工夫して実行すること」という意味で、その場に合わせてアイデアを生み出し行動することです。

3つ目は「いろいろと苦心して金品を手に入れること」という意味で、あちこち走り回って金品を用立てることです。

4つ目は「学問で得た知識を駆使する」という意味で、勉強して身に付けたことを生かすことです。

上記に共通するのは「素早いひらめき」という意味です。

「才覚」の使い方

「才覚」は名詞として「才覚を発揮する・発揮した」「才覚を持つ・持った」などと使われます。

基本的に、素早く頭を働かせて工夫する能力に使われる言葉です。

「才覚」の例文

・『彼は経営を立て直す為に才覚を発揮した』

「才気」と「才知」と「才覚」の違い

「才気」「ものごとを素早く理解したり、適切に処理する能力」という意味です。

「才知」「生まれつき持っている能力に知識が加わり、優れた心の働きを発揮すること」という意味です。

「才覚」「素早く頭を働かせて工夫する能力」という意味です。

まとめ

今回は「才気」「才知」「才覚」について紹介しました。

「才気」「頭の回転が早い」「才知」「頭の良さと知恵を持ち合わせている」「才覚」「頭の良さとひらめきがある」と覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました