「末裔」と「子孫」と「後裔」の違いとは?分かりやすく解釈

「末裔」と「子孫」と「後裔」の違い言葉の違い【3語】

みなさんは「末裔」「子孫」「後裔」という言葉がどのような意味を持っているかご存知でしょうか?

そこでこの記事では、「末裔」「子孫」「後裔」の違いを分かりやすく説明していきます。

「末裔」とは?

「末裔」「まつえい」という読み方になります。

この「末裔」「末の血統」「子孫」「後裔」「末孫」という意味を持っています。

「末裔」はいわゆる「血筋の末の者」という解釈になるのです。

祖先から脈々と続いてきた血筋を持つ者の中で現時点で最も最後の「末の者」をいうわけです。

「末裔」の例文

では、ここで「末裔」の例文を見て行きましょう。

具体期には以下のような文章になります。

・『彼は徳川家康の末裔と言われるだけあって、とても忍耐強い人だ』
・『私はある戦国武将の末裔と聞かされてきたのだが、その真実は定かではない』

「子孫」とは?

「子孫」「しそん」という読み方になります。

この「子孫」「子や孫」「まごこ」、もしくは「子・孫・その子・孫と家系上で続く人々やそれに属する個人のこと」「血統を通じて同じ祖先を共有する人々を血族」、もしくは「遺伝学的親族」「親族」「集団的意味での血族関係集団」 ということを指しています。

「子孫」の例文

「子孫」の例文を見て行くと以下のような文章が挙げられます。

・『田中家の子孫はこれからの末永く発展していくはずだ』
・『曾祖父の子孫は僕ら家族の他に東北地方にもいるようだ』

「後裔」とは

「後裔」「こうえい」という読み方になります。

この「後裔」とは「子孫」「すえ」「後胤(こういん)」とういう意味になります。

「後裔」の例文

続いて「後裔」の例文を見て行くことにいたしましょう。

・『我々はかの織田信長の後裔として脈々とその流れを受け継いできたのだ』
・『親父は安倍晴明の後裔を言っていたが、本当なのだろうか?』

「末裔」と「子孫」と「後裔」の違い

では、ここで「末裔」「子孫」「後裔」の違いを見て行くことにいたしましょう。

「末裔」とは「末の血統」という意味を持っていますが、かなり昔から存在したある個人・一族から代々繋がっている「末端の血族のこと」です。

「後裔」「はるか昔の時から存在していた人・一族から代々と続く血族」です。

「後胤」と言われることもありますが、「後裔」「末裔」は大きな違いはありません。

「子孫」「1つの血統を受け継いで生まれてきた者」「これから生まれてくる者」という解釈ができますが、「末裔」の場合は「ある時点での最後の血族のみ」を指し、「子孫」「現在だけでなく、過去・未来の血族」でも使うことができますのです。

まとめ

ここまで「末裔」「子孫」「後裔」の意味と違いを説明してきました。

この3つの言葉は基本的な解釈に違いはありませんが、若干使うことができるシチュエーションが限られているケースもあります。

このことから各々の言葉の特徴をしっかりとチェックしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました