「戸口」の読み方と意味とは?「ここう」と「とぐち」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「戸口」の読み方と意味とは?読み方

この記事では、「戸口」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「戸口」の正しい読み方は「ここう」と「とぐち」どちら

「戸口」の正しい読み方は、「ここう」「とぐち」になります。

この言葉は、漢字自体の読み方が変わると意味自体も変化する漢字になるため、漢字の意味を正確に覚えておけば、読みが変化しても混乱しない漢字です。

逆を返せば、漢字の意味を正確に理解しておらず、読みの変化も理解していないと意味が分からないので注意です。


正しい読み方の結論

「戸口」の正しい読みの結論は、「ここう」「とぐち」が正しい読みです。

なぜなら、この漢字は、読み方が変化すると漢字が持つ意味自体が全く別の物になるという漢字であるため漢字の意味を知っている必要があります。

なので、漢字の意味を理解したうえで、読みの違いを理解すれば両者の読みが変わっても混乱しないです。


「戸口」の意味

「とぐち」と読む場合これは、家の出入口のことを意味します。

一方で、「ここう」と読めば家の数と人口の比率を意味し、早い話が一世帯何人住んでいるという比率のことを意味します。

「戸口」の言葉の使い方や使われ方

・『戸口を広げる拡張工事を行う』
・『戸口調査を行う』

まとめ

「戸口」については、「ここう」「とぐち」という読みが正しい読みで、漢字自体の読み方が変わると意味が変わるという漢字になります。

なので、読み方の違いと漢字自体の意味を理解しておけば読みが変わっても混乱しないです。

「ここう」が人口調査のことでこれは、一世帯当たり何人かというもので「とぐち」は、家なんかの出入り口のことを意味します。

このように、「戸口」は読み方が変わると意味も変わるので読みと意味をセットで覚えるとよいです。

読み方
シェアする
新しい言葉
タイトルとURLをコピーしました